看護師ユーコの人前では絶対には言えないココだけの話

このブログでは個性的な同僚の事や看護師の仕事の愚痴、日常生活、子育ての事、芸能や政治まで色々な事を書いています

看護師になって良かったなと思う事

   

看護師になって良かったなと思う事

私は、子供の頃から病弱で、常に病院通いをしていました。

そんな私が、将来の目標として、看護師という仕事をしようと決めた時、親に反対されました。
看護師はキツくてとてもハードな仕事です。
そんなキツい仕事を、体の弱い私には続けられる訳がないと思ったようです。
それに、私の体の事をとても心配していたんです。

かかりつけのドクターから言われた言葉


「あなたのような体で看護師の仕事をするのは、確かに厳しいと思う。しかし、いろいろな病気をして、
いろいろな痛みがわかっている、あなたのような人こそ、看護師という仕事をしてもらいたい」

確かに、私は、沢山の病気をしているので、病気の辛さや痛みが、とても良くわかります。
人の痛みというのは、周りの人には、なかなか理解ができないものです。

痛みの感じ方というのは、人それぞれ違います。
びっくりするくらいの痛みを我慢する事ができる人もいれば、ほんの少しの痛みでも、死ぬほど痛いと感じる人もいます。
看護師というのは、医者とは違い、痛みに気付いてあげなくてはいけません。
そして、その治療中の患者さんの痛みや苦しみをケアしてあげるのが仕事だと思っています。

ドクターはあくまでも治療をする人で、看護師はケアする人です。

人の痛みを知るのには、自分もその痛みを知らなければ、気付く事ができない時が、沢山あります。
働いている時に、かかりつけのドクターから言われた言葉を、今でもよく思い出すんです。

今までに、何度も看護師の仕事を辞めようかな、と思った時があるんですが、ドクターの言葉を思い出し、自分なりの看護観を養う事ができています。
辛い事も沢山ありますが、私は、看護師になって、本当に良かったなと思っています。

記事が参考になりましたら「応援クリック」をお願いいたします。

↓↓↓クリックをお願いします。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

全身麻酔でのオペは本当に困難!

目次1 オペ後の吐き気や発熱、呼吸困難など・・・・副作用は大きいですね!2 意識 …

世にも奇妙な物語!??世の中不思議な事ってあるんですね・・・。

私の同僚にとっても不思議な力を持った方がいます。 病棟には2人しかいない男性看護 …

悪いストレスと良いストレス/ストレスは全てが悪ではありません

目次1 ストレスは全てが悪ではありません2 ストレスというと、体に悪いものという …

看護師や医師が精神的に追い詰められて病院を去っている!医療崩壊の現実

医療現場は常にスタッフ不足と言われている。 ドクターも看護師も、ほとんどの医療機 …

国民1人1人が意識しないと、この国の医療費は足りなくなってしまいます

時代劇とか見てると、 「おとっつぁんが病気で・・・薬もなくて・・・」 と健気な子 …