看護師ユーコの人前では絶対には言えないココだけの話

このブログでは個性的な同僚の事や看護師の仕事の愚痴、日常生活、子育ての事、芸能や政治まで色々な事を書いています

キリスト教の教えが強いホスピスや緩和ケア病棟は日本には馴染みが薄い。

   

ホスピスの起源というのをご存知ですか?

ホスピスの起源は、中性のヨーロッパの教会なんです。

旅の巡礼者が宿泊していた教会で、病気で旅ができなくなった人達を看護した事から、その後、余命の短い患者さんのケアを行う施設として、ホスピスが始まったんです。
日本で始めてホスピスケアを提供したのは、大阪にあるキリスト教の病院です。
でも、日本にはキリスト教の教えが普及していませんでしたから、なかなか人々に認識されませんでした。

日本では、疾患の治療が一番に優先

日本では、疾患の治療が一番に優先されていたので、患者さんのQOLというのは、あまり重要に思われていなかったんです。
とにかく、体を治す為に治療をする事が一番で、治療をする事によって患者さんが受ける苦痛とか痛みなどは、ほとんど問題とされていなかったんです。
でも、最近では、状況もかなり変わって、全国的にホスピスが増えています。

ホスピスの理念が、多くの方に理解されているという証拠だと思います。

ホスピスでは、疼痛コントロールを行いながら、残された時間をその人らしく過ごす事ができるように、ケアが行われています。
ホスピスでは、患者さんの希望を100%受け入れてもらう事ができるんです。
これは、一般病棟ではあり得ない事だと思います。
一般病棟の場合は、とにかく治療が中心になりますから、なかなか患者さんの要求に答えてもらう事ができず、束縛された生活を送る事になってしまいます。
ただ、治る見込みのある患者さんであれば、治療の為に生活が束縛されても、希望を持つ事ができます。
でも、終末期の患者さんというのは、全く状況が異なります。
その人らしく、心身ともに安らかに余生を送る事ができるホスピスが、今後もっと増えて欲しいと思っています。

記事が参考になりましたら「応援クリック」をお願いいたします。

↓↓↓クリックをお願いします。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

世にも奇妙な物語!??世の中不思議な事ってあるんですね・・・。

私の同僚にとっても不思議な力を持った方がいます。 病棟には2人しかいない男性看護 …

看護師転職するなら人間関係を重視しましょう。

看護師の仕事というのは、働いている職場によって、環境も仕事量もかなり違いがありま …

患者さん1人に看護師1人が必要な時代になっている!??

看護体制と言う言葉を聞いた事がありますか? 患者さん1人に対しての看護師の配置人 …

ベビーベッドに挟まってしまう赤ちゃんの事故・・・実は結構あるんですよ。

在宅看護の仕事をしていた時、ベビーベッドに頭を挟んでしまって、重度の後遺症が残っ …

小雪さん大好きだったけど韓国で出産って・・・ちょっとショックだな~(>_<)

目次1 小雪さん大好きだったけど韓国で出産って・・・ちょっとショックだな~(&g …