看護師ユーコの人前では絶対には言えないココだけの話

このブログでは個性的な同僚の事や看護師の仕事の愚痴、日常生活、子育ての事、芸能や政治まで色々な事を書いています

若年性アルツハイマーの初期症状~末期症状までに見られる症状について

      2016/07/21

アルツハイマーは、進行状況が初期・中期・末期と3段階に分かれています。
1人1人進行状況が違うため、どの程度で末期の状態まで進むのかは分かりません。
参考書などには、初期症状~末期症状までには概ね10年ほど掛かると書かれています。

初期症状が2~3年ほどで中期に移行し、その後5~6年で末期に移行するという事です。
でもこれは個人差が大きく、若年性アルツハイマーの方には当てはまらないと思います。

私の母は、アルツハイマーと診断されてからたったの4年で寝たきりに

pixta_9289481_S

もう診断から12年が経ちます。
完全に寝たきりで、胃瘻を入れています。
さて、アルツハイマーの初期症状については以前にも記事で書きましたが、今回は中期症状について書いてみたいと思います。
中期になると、初期のような単なる物忘れの段階がさらに進み、見当識障害・着脱困難・空間認識の低下・徘徊などが見られるようになります。
この頃になると、日常生活は困難が多くなり、介護者の存在がなければ生活が出来なくなってきます。
また、混乱・幻覚・暴言・暴力などが見られるのもこの頃であり、介護が一番大変な時期かもしれません。
私の母は若年性アルツハイマーで進行がとても速かったので、初期~中期への移行がとても速く、あっという間に末期に入りました。

12年の介護の中で、一番大変だったのは最初の4年だった

pixta_7633116_S
その後は、私たちも心の整理がついてきたことや、福祉の手を借りながらの介護が可能になった事、母の精神的な症状(混乱や暴言・暴力など)がなくなった事などで、精神的な苦痛は軽減されてきました。
精神的な苦痛は軽減されても、今後は肉体的な苦痛が待っていました。
寝たきりになってしまったので、体の向きを変える、おむつを替える、着替え、入浴、排せつ、経管栄養など体力勝負でした。
意識低下で自力で痰を出すことが出来ないので、夜中も1~2時間置きに吸引が必要になります。
排便も自力では出来ませんから、定期的に浣腸をして便を出すのですが、意識のない方の便処理・・・これは思っているよりもよほど大変です。
私も父もギックリ腰になりました。
また、末期に入ってくるとさらなる脳の委縮により、痙攣が頻繁に見られるようになります。
こうなると、頻繁に嘔吐を繰り返すようになり、夜中に大量に嘔吐して誤嚥、窒息しそうになり救急搬送・・・これが何度もありました。

寒くなると毎年肺炎を繰り返し、入退院も増えました。

pixta_6357772_S

肺炎になると抗生剤を使いますが、次第に抗生剤が効かなくなってきます。
使える抗生剤の種類が年々少なくなり、使える抗生剤がなくなったら・・・・もう何も手立てがありません・・・。
常に死が身近なものに感じています。
脳が委縮していますから、全身状態が悪くなっていきます。
呼吸をするのも心臓を動かすのも脳が行っていますから、脳が委縮すれば当然死へ向かっていきます。
それでも、母が理性を失い、私たちが知っている母の姿が日増しに壊れていった初期~中期の状態を見ているのが、私たち家族にとってはとても苦しい時期でした。

若年性アルツハイマーは、高齢の方のアルツハイマーとは違う苦悩が

pixta_1593673_S
若年性アルツハイマーの患者さんは年齢的に若い事から、家族への負担がとても大きいく、仕事を失う事による金銭的な負担、子供への影響、周りの理解不足による孤立など沢山の問題を抱えています。
また、若年性アルツハイマーは遺伝との関連が指摘されており、子供たちや孫に遺伝するのでは…?と言う不安も付きまといます。
少しずつ若年性アルツハイマーについて認知されてきましたが、まだまだ「人生80年」などと言われ、元気な老後を送っている高齢の方が多く、40~50代で認知症を発症してしまう事に理解は進んでいません。
私は母が若年性アルツハイマーだと、なかなか周りの方に話せませんでした。
それは「え??50代で認知症??それってただ怠けてるんじゃない?」って言われて深く傷ついた事があるからです。
ちょっと外に出れば世間の目はとても冷たいです。
ちょっとでも普通と異なる人を世間では物珍しい目で見ます。
認知症の方が安心して暮らせる社会・・・まだまだほど遠いかもしれませんが、私も何か出来る事があれば何でもしようと思っています。

記事が参考になりましたら「応援クリック」をお願いいたします。

↓↓↓クリックをお願いします。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

毎日1時間のリハビリを欠かさない父。本当に偉いなぁ。一生かないそうもないなぁ。

若年性アルツハイマーの母が病気になってから早10年以上。 寝たきりになってから、 …

全国には寝たきりの高齢者が300万人いるそうです(T_T)予備軍も含めると早急な対策が必要ですね!

60歳以上の方では300万人以上が寝たきりとの統計があります。 原因は脳梗塞後遺 …

家族がアルツハイマーかもと思ったら・・・まずするべきこと

最近やっと認知され始めた若年性アルツハイマー。 若年性アルツハイマーとは、65才 …

若年性アルツハイマーの症状が出始めた時に、家族はどうしたら良いの??

アルツハイマーの初期症状にはどのようなものがあるのか以前書きました。 過去記事は …

家族が若年性アルツハイマーだと診断されたら・・・。

私の母は、50歳を目前にして「若年性アルツハイマー」と診断された。 当時、私は自 …