看護師ユーコの人前では絶対には言えないココだけの話

このブログでは個性的な同僚の事や看護師の仕事の愚痴、日常生活、子育ての事、芸能や政治まで色々な事を書いています

養護学校の健診に行った時の事。

   

養護学校の健診に行った時の事。

健診の仕事の中には、基本健診、事業所健診、学校健診、婦人科検診、胃がん健診など、様々な種類があります。

看護師が関わる健診は、やはり採血や血圧測定、問診のある基本健診や事業所健診、学校健診などですね(´・Д・)」

学校健診は、小学校、中学校、高校を中心に回りますが、養護学校も対象になります。

学校健診の中でも、養護学校は数が少ないため、それほど当たる機会はないですが、ちょっと特殊ですね;^_^A

学校健診は、やはり子供が対象のため、大人の健診に比べ時間がかかります。

子供は、検査に対する不安も大きいですし、なかなか理解が出来ないこともありますから、こちらの思い通りにいきません。

養護学校の場合、さらに意思疎通が難しく、時間がかかりますし、配慮か必要になってきます(´・Д・)」

養護学校に通う子供たちは、先天性疾患や、精神発達障害、自閉症などの疾患をもっています。

また、身体機能に重度の障害があり、人工呼吸器を装着している子供もいます。

言葉の理解も難しい場合も多く、検査の説明も難しいですね( ;´Д`)

健診を受けるという行為が、受け入れられず暴れたり、強く抵抗を示すことも度々あります(・_・;

障害についての理解が必要です

同じ年齢の子供たちと同じような対応では、養護学校の健診は不可能なんですよね。

そんな状態で心電図や採血は、とても困難です(;´Д`A

心電図は、動かずに検査を受けることが難しいですし、採血はとても暴れたりします。

可哀想だけれども、養護学校の先生が押さえつけながら検査しなくてはならないこともあるんです。

養護学校の健診は、一般の学校健診以上の大変さがありますね( ;´Д`)

だから、短気な人よりもおおらかで、子供を育てたことのある人や、小児科経験のあるナースが向いているかもしれませんね;^_^A

記事が参考になりましたら「応援クリック」をお願いいたします。

↓↓↓クリックをお願いします。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

病気になって初めて分かる事。患者さんの家族の立場になって初めて気付く事。

病気で辛い闘病をされている方は、常に色々な思いが駆け巡ってネガティブな感情が次か …

寝たきりの患者さんに大切な褥瘡(じょくそう)の予防とは?

寝たきりの患者さんで気をつけなければいけないのが、褥瘡(じょくそう)なんです。 …

初めてステルベンに当たった時の事

私は以前、一般病院の病棟で勤務していました。 呼吸器内科、外科、血液疾患の患者さ …

老人病院って残業がないって本当?!

老人病院では、看護師よりも、介護士やリハビリの人が多く働いています。 老人病院で …

看護師の役割って何だろう?と真剣に考えるほど、仕事と理想のギャップが大きくなる悲しい現実・・・。

看護師の友達は看護師って方が多いと思います。 皆さん色々な職場で働いていて、お互 …