看護師ユーコの人前では絶対には言えないココだけの話

このブログでは個性的な同僚の事や看護師の仕事の愚痴、日常生活、子育ての事、芸能や政治まで色々な事を書いています

20代のうちから子宮がん健診を受ける事をお勧めします!

   

20代のうちから子宮がん健診を受ける事をお勧めします!早期発見ならほぼ100%完治します。

女性にとって、子供を産むという事は大きな喜びでもありますよね。

でも、子宮がんによって、その喜びを失ってしまう事もあるんですよね。

子宮がんには、子宮頸癌と子宮体癌があるんですけど、日本では、子宮頸癌が原因で、1日に約10万人もの女性が亡くなっているんですよ。

子宮頸癌というのは、20代や30代といった若い世代に急増していて、若い女性が発症する癌の中では、最も高い発症率なんです。

若い世代に発症する癌というのは、症状が出にくいという特徴があるので、予後が悪い患者さんが多いんです。

子宮がんの初期の状態では、症状が全くないことがほとんど

だから、何かしらの異常に気がついた時には、すでに進行しているといったケースが多いんです。

例えば、おりものの色が異常だったり、下腹部や腰に痛みがあったり、といった症状がある時には、残念ならが、すでに癌が進行している状態なんですよね。

癌を早期発見する為には、子宮がん健診を受ける事が一番なんですけど、20代30代といった若い世代は、仕事に忙しく、なかなか病院に行く暇がないんですよね。

だから、癌が進行してしまうんです。

癌が進行してしまえば、子宮を摘出しなくてはならない事もあります。

そんな事になれば、子供を産む事が出来ない体になってしまいますよね。

それに、もし周りの臓器に転移してしまったら、命に関わる事もあるんです。

子宮がんを早期に発見する為には、検診をしっかりと受ける事が大切なんです。

若くて元気な時には、つい検診を受けるのが面倒になってしまいますよね。

でも、検診を受けない事でもしなにかあったら、取り返しの付かない事になってしまいます。

早期発見できれば、ほぼ100%完治できますよ。

記事が参考になりましたら「応援クリック」をお願いいたします。

↓↓↓クリックをお願いします。
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

高齢者に多い高血圧症が入浴時に注意すること

血圧は、加齢と共に上昇する傾向があって、75歳以上の方の80%が高血圧だという結 …

症状がなくゆっくり進行していく多発性骨髄腫

目次1 症状がなくゆっくり進行していく多発性骨髄腫とは?2 育児と家庭の両立で派 …

死に至る可能性もある高齢者の肺炎とは?

肺炎というのは、日本人の死因の第3位で、その中の約95%が65歳以上の方なんです …

免疫力が低下している高齢者がかかりやすい尿路感染症

目次1 免疫力が低下している高齢者がかかりやすい尿路感染症2 訪問看護師をしてい …

寝たきりの高齢者がかかりやすい疥癬

高齢者がかかりやすい皮膚の疾患に、疥癬があります。 疥癬は、ヒトヒゼンダニが寄生 …